トップ / 歯科で痛い治療のものとは

口コミで選ぶ歯科

歯科で痛い治療のものとは

良い歯医者、歯科医院の探し方

誰しも、良い歯医者や歯科医院で治療を受けたいものです。良いかどうかの見分け方のポイントに保存が挙げられます。かつては、悪い歯は抜いて治療するという方法がとられていましたが、今は、できるだけ自分の歯を残すという考え方に変わってきています。自分の歯で食事をすることが脳への刺激につながったり、全身疾患に影響したりするからです。保存的治療に重点を置いているところは、良いところだといえます。永久歯は一度抜いてしまったら、もう生えてきません。そのことを考えた治療のできるところを選びましょう。

新しい入れ歯について

入れ歯は外れやすくて噛みにくいというイメージがあります。老化と結びつくこともあり、せっかく作っても装着しない人もいます。しかし、歯を失ってしまった場合には、噛み合わせの維持のために装着した方が安心です。今では、磁石を入れることで、ぴったりするものや、やわらかい樹脂を使うことで違和感の少ないものにするなど、様々な工夫が取り入れられています。金属のバネを使わないことで、見た目を良くするなど、審美と機能性の両立を目指しています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院の数増加において. All rights reserved.