トップ

歯科医院の生き残り

歯科医院の数増加において

歯科では国家試験を行っています

歯科で働くには国家試験に合格する必要があります。歯医者になるには、大学で6年間勉強する必要があります。そして、そのあと、国家試験を受けて、歯医者の免許を得て初めて、歯医者として働くことができるようになるのです。現在、歯医者の数は、コンビニの数より多いと言われています。ですので、歯医者の間でも過当競争が行われています。技術の足りない歯医者は淘汰される時代にきているのです。そこで、歯科で働く歯医者さんたちもこうした過当競争に生き残ろうと、必死になって勉強をしています。例えば、最新の論文に目を通すなどの努力を行っているのです。また、最新の技術の導入にも積極的になっています。このように、歯医者の世界での生き残りも非常に大変なのです。

歯医者の国家試験について

歯科の国家試験は、平成18年に厚生労働省と文部科学省の方針で、供給過剰傾向の歯科医師数を減らすために、各大学の歯学部店員数削減と、合格基準も引き上げられています。それ以降は、80%あった合格率が平成26年には63.8%にまで低下しています。合格率は、今後も低下すると言われていて、受かるにはしっかりとした勉強が必要です。また、新卒者と既卒者の合格率では、新卒者の方が80%前後で、既卒者は40%程度とかなり低くなっています。卒業すると、試験のための勉強があまり出来ないためで、学力に自信がない人は留年してから集中して勉強して、試験に挑む人もいます。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院の数増加において. All rights reserved.